只今重度訪問介護養成研修講座の予定はありません。


●重度訪問介護従業者の資格とは…

 重度訪問介護従業者は、訪問介護を行う者の資格の一つで、都道府県知事の指定する重度訪問介護従業者養成研修の課程を修了した者をいいます。2006年度に施行された障害者自立支援法に基づく居宅介護(「障害」者(児)ホームヘルプ)業務のうち、特に障害が重いと認定された常時介助が必要な全身性「障害」者(障害程度区分4~6)の訪問介護に従事する業務です。養成課程を修了した者には資格証(修了証明書・修了証書が資格証となる)が講座施行者によって付与されます。

 重度訪問介護従業者資格の知名度も低く、まだまだ一般的には知られていない資格なのですが、介護保険法に基づく訪問介護員資格研修(ホームヘルパー2級など)と比べると、より重度の全身性「障害」者に関する特性や生活実態なども解り、「障害」者主体の介助の在り方や手法に重点をおいた研修を行うため、重度「障害」者の介助の仕事に関心のある方はぜひ一度受講してみては如何でしょうか…。

 また現在資格を持ってヘルパーや介護職員として働いている方でも、利用者(「障害」者や高齢者)主体の介助の在り方や地域での暮らし(地域移行)を考えるためのスキルアップに繋がる研修講座です。